カレンダー

2020年8月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2020年9月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

※赤字は休業日です

アマゾンについて

ショッピングモール出品のメリット、デメリット

ネット販売の場合、ショッピングモールへ出品する方法と自社サイトを構築する方法があります。ここでは、ショッピングモール出品のメリット、デメリットを拾ってみます。

メリット デメリット
イニシャルコストが低い
出店までの時間が短い
出品から代金回収といった一通りの業務が利用できる
集客力が高い
 
手数料等ランニングコストがかかる
出品者が多い為薄利となる
システムの修正ができない
外部リンクができない

AMPと他モールとの違い

ショッピングモールの代表的なものにヤフー、楽天等がありますが、商品の出品作業において画像や商品説明等自作する必要があり、時間がかかります。

又、商品の販売があっても無くても月額の費用がかかります。契約の内容によってことなりますが、月額50,000円程度かかります。その他販売時成約時の手数料もかかります。

AMPは、自社オリジナル商品の場合は、他と同様画像や商品説明は必要ですが、既に出品されている商品の場合、価格と納品までの日数を設定すれば出品ができるといった特長があります。

利用に関する費用は月額4,900円程度の負担ですみます。販売の手数料は、同じく別途必要となります。手数料は、商品カテゴリによって異なります。

最初の提案で、AMPに出品をすることをお勧めしている理由(時間や手間)がお分かり頂けると思います。



運営サポート

いうわけではありません。他の出品者との競争は避けられません。適正な価格設定、購入予定者からの問い合わせ対応、受注後の自社サイトへの誘導が必要となります。このような面倒な作業は全て一切を弊社で行います。サポートに関しましても弊社独自のシステムを用意しています。


価格改定

価格改定---商品出品後、どうしても価格の安い店舗から購入されてしまいます。現在出品中の他店の価格を検索し、1円安くするなどの改定をシステムで行います。値下げの場合もありますが、値上げの場合もあります。









納品書

オリジナル納品書--受注があった時、AMPの納品書は利用しません。AMPに準じて作成したオリジナルの納品書を活用します。内容は、自社サイトへ誘導できるようなメッセージ等を印字します。


運送会社連結---送り状を作成時運送会社システムに取り込みできるエクセルシートを作成します。送り状の印刷が可能になるばかりでなく、発送済データを取り込みすることもできますので、AMPへの出荷通知も簡単に行えます。現在ヤマト運輸B2システムで稼働が確認できています。

在庫連動---自社サイトを構築した時に、在庫数の調整を行います。納入期日が守ることができれば、ノー在庫での販売も可能となります。





貴社での準備

実際出品をすることになった場合、AMPへ登録する必要があります。店舗名や月額使用料を引き落とすためのクレジットカード情報が必要です。月額利用料は4,900円です。個人情報がありますので、操作は貴社で行って頂きます。